Cheese

チーズを一日眺めていると日が暮れる。

Horizon Zero Dawn を買った。おもしろい。ホライゾンゼロドーンと読みます。よくある感じの機械文明が失われて幾年月後のストーリーやで。オープンワールドだ。狩人になって機械生命体を狩っていくという、そういった内容。モンハンのハンターとは違って、隠れてコソコソしてトラップ仕掛けたりして弓で敵を背後から仕留めるようなやつ。しばらくはこれやって過ごすのだ。

上原ひろみの悲愴を聴きに行きたい。これを生で聴けたらもう死んでも良い。
アンソニーは最後のほう間違えてる気がする。


上原ひろみ Hiromi: THE TRIO PROJECT Beethoven's Piano Sonata Patnetique 2

査定が終わって仕事状況が少し変わった。給料はほどよく上がった。とても良いことだ。すばらしい。それと引き換えに次期へのパフォーマンス期待が上がるので頑張らねばならない。提示された求める成果は結構ハードル上がった。やりきれるか微妙な気持ちだけど頑張ろう。

それ以外はなにかあったっけ。そういえばニーアオートマタは終わった。エンティングをコンプをしてないけど、まあそうかという感想を抱いて終わった。面白かったけど前回が witcher だっただけに物足りなさはあった。派手な戦闘は好きだったな。次は妻からの司令で土日に出るポケモン金銀をやる。ポケモンまったくやらずに過ごしてきたけど出来るのだろうか。そういう感じ。

そういえば最近、我が社の取締役の人に教えてもらった Dirty loops という人たち、良かった。


DIRTY LOOPS - Hit Me

元気です。

ハンドパンという楽器に憧れを抱く日々です。以下の動画をご覧ください。


Sam Maher - New York Handpan 01

控えめに申しますと、ヤバイんじゃないでしょうか。なんでしょう、この音色は。あまり例を見ない響きではと存じ上げます。買って家に置きたい、叩きたいといった欲望が高速にかすめて消えていきました。そういう日々です。

金曜日は会社の下半期終わりましたの会があった。MVP の発表などなどあってお酒を飲んでいたんだけど、なんかウーンという気持ちだった。盛り上がってるし、MVP 取れた人はめでたいし、業績は伸びてる最中という勢いで良い空気ではある。けども、なんだろう、もういいかなーという感情になっている。社内の人はそれぞれどういう人か分かってきたし、俺がどういう人間が他の人はだいたい分かってるはずだし、仕事も誰コレはこれが得意でこういったコードを書きますみたいなのも認知されていて、何も争いもなく、議論もしてすれ違いは起こらず、多少トラブルもあるけど協力して解決して、良いチームなんだけど、なんかなんていうこれ。飽きたと一言で片付けていいものなのか。まだうまく言語化できない。とにかく、なんだ、もういいんじゃないかなという気持ちが少し出来上がっている。

土曜日飛んで日曜日。美容院で髪を染める。無難にシルバー。小田急が火災だなんだとあって、電車が止まって帰れず。しょうがないから代々木上原からタクシーで帰宅。夜も更けていたけど、代々木上原ではホームにはたくさん電車待ってる人が居た。当分運行予定立たずと言ってるのに何をしてるんだろう?と思って帰った。帰る手段ないのだろうか。帰ってビール飲んでポテチ食べて Netflix。頃合いを見て寝床へ。

Mac で音楽聴く時に Harmony てやつを使い始めた。

Harmony - Music player for 2017

主な機能は音楽サービスをひとつのアプリでまかなえるよと言っている。
認証すればサッと使い始められる。

地味に気に入ってるのは Mac の再生/停止ボタンなどがそのまま使えるところ。
気に入っていないのは、長めの曲(リミックスで1時間あるやつ)なんかは読み込みに時間がかかる。
まあソンナカンジ。

最近、まったくもって元気がないようと書こうとしたら前回の日記もそんなような滑り出しで始まっていた。前回から変化がないのかね?

ああ、そうです。勝手に懇意を持って眺めている日記がありまして、その主さんが日記を自主制作本として世の中に盛大に公開するというスケールのでかい話をしていまして、ええ、ええ、これは大変な出来事だと、思いまして、ええ、出来上がったら私めも本を買ってお目にかかりたい、そう考えまして、ここはひとつ隠れ FUN として日頃のお礼をさせていただこうと、あ、そういうことでございまして、あやかりたいあやかりたいと日々を過ごして参りました。いくつか日を越えたあたりで、その本が出来上がりましたよとのお知らせがございます。そうしたら、私めは低所得者でも買うことの出来る値段設定にしてくださったことに感謝の意を込めて投げ銭をするわけでございます。とどのつまり、投げられたそれはしっかり届いたようで今は本を待つだけという次第で。

それと、これもまた勝手に懇意を持って見ている人が同人誌を出したらしいのでそれも買った。同人誌といっても漫画ではない。コラム。内容は俺には全然関係ないというか、なんの足しにもならんのだが、気に入ってる人が出す本だから気にいるに決まっているという強気の意欲(?)で買った。これも届くのを待つという状態。

まあ近頃の生活はそういう感じです。